空論の法則

電荷間に作用する言葉の相互作用

甘ったるい神話

今のように科学も論理的な思考法も発達していなかった古代では、よくわからない自然現象になんとか説明をつけるために、ものがたり、すなわち神話が作られたという。

 
「でなでな、それな、オ↑レ↓もやってみたいねんな」
「ほぉ~、なんやわからんけど面白そやな。ほなら、どうなるかちょっとやってみい」
 
やってみた。
 

『悪党どものお楽しみ』 ―ビル・パームリーがTwitterやったら、めちゃくちゃ人気でそうー

8月のある日のことである。仕事で精も根も尽き果てていた私は、ふらりとふらりと街を徘徊していた。街路樹ではクマ蝉とミンミン蝉が互いに一歩も引かず自己主張をしている。ふと、吸い込まれるように文教堂書店に入った。

 

店内をうろうろしていると、P・ワイルドの短編集『悪党どものお楽しみ』が目についた。奥付を見ると、どうやら今年の3月にちくま文庫で刊行されたらしい。私は一も二もなく購入してしまった。長らく絶版になっていたコン・ゲームものの隠れた名作だからである。別にこれは私が勝手にそう主張しているのではなく、例えば、杉江松恋さんの『海外ミステリー マストリード100 』やE・クイーンが1845~1967年までに出版された短編から選出した傑作選「クイーンの定員」なんかにもちゃあんと殿堂入りしている。 

 

昔ハードカバー版で読んでいたのだが、久々に読み返していて、農家で元賭博師のビル・パームリーが斜め上の角度からイカサマを見抜く手際がとても爽快で読んでて心地よかった。また、お人よしで正義感が強いのだけれども、自分からトラブルに突っ込み、挙句、ビルも巻き込んでしまう相棒のトニー・クラグホーンとの掛け合いも軽やかで皮肉たっぷりで面白い。やっぱりミステリっていいよねと至福の読書時間を過ごしたのですが、ふと、思った。

 

「元賭博師の農家でー巻き込まれて仕方なくとは言えー正義のためにイカサマを見抜く」って人、なんかすごいTwitterやったら人気でそう

 

本書の時代設定は「狂乱の1920年代」と呼ばれる禁酒法に始まり世界恐慌に終わる時代なので、当然Twitterはおろかコンピューターすらなかった時代なのだが、銀魂のように自分に都合のいい部分だけ近代化して「もしもビルパームリーがTwitterをやったら」を書いてみたい。勿論、整合性がめちゃくちゃでも私は悪くない。全て天人が開国を迫ったせいだ。

続きを読む

今日も一日

 シビルカットです。お盆休み明けちゃいました。


NEW GAME!!(2期)が放送中らしくてこの絶好のチャンスを逃してはならないと思い制作した。 後悔はしていない。

 

技の元ネタは聡明な読者諸氏はすでに承知のことと思うが、Jaspas氏のZoeyだ!

 

 

右人差し指の動きで右パケットがずいずいと前に動くところが最高にCOOL!

そして難易度もそんなに高くないので、ぜひ読者諸氏にも挑戦していただきたい。

 

今まで動画の編集はAviutlで行ってたのですが、コンバートに時間がかかったり、字幕一つ付け加えるのも煩雑だったりで、私の動画の使い方的に機能は劣るけどもう少し手軽に編集できるスマホアプリがないか探してみて、VideoShowに行き着いた。

 

字幕や簡単なエフェクトをかける程度ならこのアプリで十分そうだ。こちとらなにもゆっくり実況をつくるのではないのだ。

 

ついでにVimeoアカウントも取得したし、以前の記事で動画用の服も揃えたので、だんだんふらりす動画を公開していく環境が整いつつあるのを感じる。なにかふらりすで面白いことができたらと思います。

 

がんばるZoey!

 

おさえておきたいcardistry@2017

ね~たが~ないだけ~

ね~たが~ないだけ~

まいど更新放置中のシビルカットでございます。

 

竿竹屋っぽくネタがないことを強調しましたが、実はあって 笑、6月に行った本屋のこととか、フランスから詫びtutorialが届いたこととか、ふらりす練習アプリのこととか、新婚奇術師のプロポーズマジックのやり方が記された薄い電子書籍のこととか書きたいことはたくさんあるけれども、中途半端に未公開記事を増やして放置したままです。んで実態はトランプ切ったり、Thumperで遊んだりしながら面白おかしく休日を過ごしております。だめだめじゃん!

 

思いのほか時間が経ってて、いつの間にか都議会が都民ファースト一色になってて、あれ気づいたら7月じゃん、さぼり過ぎた!!!  となったので簡単に書けそうな短い記事を投稿しておきます。

 

続きを読む

カードまみれの黄金週間

待ちに待ったゴールデンウィーク。しかも、9連休!!!

 

やった、お仕事のことを考えなくて済むぞ、ふらりすの練習がし放題だ!

残った仕事に何の未練も躊躇もなく、定時を待ちかまえダッシュで退社し、意気揚々と鼻息荒くしてゴールデンウィークを迎えました。

 

先日、2015年にIsolation革命とも呼ぶべく現象を引き起こしたCardistry highを衝動買いしてしまったため、練習する材料もたっぷりとあります。まずは5/4のスターウォーズの日に合わせてjedai flipを練習していこうかな。

 

これは、とある年におけるGWのすべてを賭けたcardistryの練習記録の全容である。

 

続きを読む